JULY 14, 2017

【E3視察レポート 第3回】ゲームファンなら誰しも楽しめるビッグイベント

ポケモンカード開発本部で海外案件などを担当している久保田です。
今回、人生初のE3視察へ行ってきたので、会場の雰囲気などをお届け出来ればと思います。

Nintendoの話題作を試遊

E3は例年、開場時間が10時ということだったので、少し余裕を持って9時30分に会場に到着しました。会場に着いてから、今年から12時開場ということが判明……。

いきなり勘違いからの幕開けとなってしまいましたが、そのまま人ごみの中で2時間30分待機しました。あまりに待ち時間が長いので、Nintendo Switchで遊んで暇を潰していると、うしろに並んでいた方のTシャツと、まさかのコラボレーション。こんなところからも、今回のE3でSwitchがいかに注目されているかがうかがえます。

やっと開場時間の12時になり入場が開始されたので、すぐにNintendoブースに移動しました。

スーパーマリオ オデッセイ

2時間半待った甲斐もあり、話題の『スーパーマリオ オデッセイ』をとても早い順番で試遊することができました! オデッセイの試遊は、10分程度遊ぶことができました。
英語で操作説明を受けるので、イマイチ操作が分からないというグローバルな壁にぶつかりましたが、とても面白かったです。そしてしっかり英語を勉強しようと決意しました。
E3会場で一番混んでいた試遊がオデッセイだったので、試遊出来たのは開場時間の勘違いから生まれたラッキーでした。

 試遊では砂漠のステージと現実にある都市のようなステージという、2つのステージを選ぶことができました。今回はPVなどでよく見かける都市のようなステージの方を選びました。自分の後ろに並んでいる人達も内容が気になるようで、食い入るように試遊を観てきます。他人に凝視されてゲームをする状態に居心地の悪さを感じながらも試遊開始。

マリオが帽子を投げて特定のキャラクターにぶつけると、ぶつけたキャラクターを操作出来るようになる機能があり、その機能で遊びたいがために沢山帽子を投げました。無事に帽子をぶつけ、人や車を操れはしたのですが、いざ操った後は何をすればいいのか分からず、ずっと車になり街を移動していました。広い世界を走り回っているだけなのに、ワクワクしてくるから不思議です。

ARMS

こちらもオデッセイ同様に1時間半くらい並ぶので、再度Nintendo Switchをやりながら試遊の順番を待っていました。Switchは本当に便利ですね。
並んでいる最中に、マリオの着ぐるみが近くを通ったのですが、写真に上手く納められなかったです。

ARMSの試遊は対戦形式になっており、試遊で勝ったプレイヤーはその日に行われていた勝ち抜きバトルに参加できるシステムでした。
勝ち抜きバトルの状況はステージで映されています。自分は試遊の対戦には勝ったのですが、勝ち抜きバトルで怖いお姉さんが勝ち抜いていたので、リタイアしました。

実際にARMSをやってみて感じたのは、操作に慣れが必要そうだということでした。ジョイコンのジャイロ機能をメインで使用するのですが、ジャイロの感覚が全く掴めてない自分にはちょっとした横移動でもとても難しかったです。ただ、遊びのベースは格闘ゲームなので、やり込むことでかなり印象は変わるとは思います。

サイドイベントや展示も多彩

TreeHouse Live

Nintendoブースの一番前のステージでは「TreeHouse Live」の撮影が行われていました。
目の前でインターネット番組の撮影を見たことがなかったので、とても新鮮な気持ちで楽しむことができました。

amiiboの展示

歴代amiiboの展示も行われていました。集めてディスプレイして映えるのがamiiboの良さですね。どれも非常によくできており、ついつい集めたくなります。

Nintendoブースのオブジェ

Nintendoブースにはマリオの帽子とヒゲをつけたワンワンが展示されていました。これを考えた人は天才ではないかと思うほどの可愛さです。ただ、これに噛まれるのはとても痛そうですね。

オデッセイを試遊したときに、作中でマリオが被っている帽子がもらえたので、ワンワンと同じくマリオ風になったクリボーのオブジェと記念撮影しました。このクリボーを考えた人も天才だろうと可愛さです。世の中は天才ばかりですね。

この後は帽子を被ったテンションで、各ブースにいた着ぐるみたちと写真を撮って過ごしました。

各ブースの着ぐるみと記念撮影

『Sonic Force』は混雑していて出来なかったのですが、ソニックの着ぐるみを発見し、記念撮影。『ラチェット&クランク』も同じく混んでいて試遊出来ませんでしたが、ラチェットは捕まえました。ラチェットはとてもノリが良かったので、個人的なE3ベストオブマスコットだと思いました。

最後は『クラッシュ・バンディクー』のクラッシュです。着ぐるみから顔が出ているというところに違和感を覚えつつ撮影したのですが、撮影したらクラッシュ・バンディクーのキャラクターのピンバッジがもらえました。マスコットと撮影してサプライを貰えたのはクラッシュだけでした。

 

 

その後は無事に帰国し、成田空港でとても美味しい締めのお茶漬けを食べてE3出張は終わりました。お疲れ様でした。

PAGE TOP